1杯の珈琲を、ご家庭で飲むことにあたって、コーヒーミルに余り関心がない
(?)方が多く
いるような気がして
います。賞味期限 保存方法などのついては、店頭で多くの
質問を受けますが、本来はミルがあることによって賞味期限などが大きくか
わってくる
のです。理由として珈琲の美味しさの素は「アロマガス」にあります。「アロマガス」
とは、生豆
を焙煎することによっ
ておこる「揮発性」の化学変化の一つで、その中に珈琲の、香り・苦味・酸味・甘み
・などの
美味しさの大半が
含まれています。豆を挽いたとき、珈琲の香りを強く感じるのは、「アロ
マガス」が
放出される
からです。そして
アロマガスを1番強く感じるのは、ペーパーフィルターでの珈琲を淹れる時です
。皆さんも
「オーッ」っと感じた
事があると思いますが鮮度が良い豆ほどアロマガスを多く含んでいるので、粉が良く
「膨張」しま
す。この「アロマガ
ス」は、前にも触れましたが「揮発性}ですので、時間と共に抜けていくのが悩みの種です。
しか
し、少しでもこ
の「酸化」を遅らせる方法があります。「コーヒーミル」です。下記に表を作ってみました。
上の表でもわかると思いますが、コーヒーミルを持っている場合と、持っていない場合では、
「美味しさの期間」に歴然とした差が出てきます。さらに、ミルを持っていない場合は、
香りと「豆の膨張」は1週間と持ちません。

食品への問題が増えてきた時代ですが少しでも「美味しい珈琲」を飲んで頂くために、決して
高価な物ではないので、「コーヒーミル」の購入をお薦めいたします。
2週間
カッティングタイプ
微粉の発生が多い
比較的高価
粒度のバラつきがやや大きい
熱の発生が大きい(特に細挽き時)

粒径が均一熱の発生が少ない極細挽きにも適する
微粉の発生が少ない
比較的安価挽ける粒径の幅が広い(かなりの粗挽きも可能)

カッティングは切ることをその原理としています。
グラインディングが個人用の手動の大半を占める
のに対して、カッティングは業務用の電動が主流
ですが、最近は小型の個人用も増えています。
グラインディングは砕くことを、その原理としています。以前は
耐摩擦性や強度に不安がありましたが、
最近ではセラミック製のものも増え、半永久的な使用
にも耐えられるようになりました(多くは手動式)

グラインディングタイプ
1ヶ月
美味しく飲める期間
冷凍庫(吸湿性が高いので室温に戻るまで5分程待つ)
冷凍庫(5分ほどお待ち下さい))
保存場所
密封容器に入れて(豆を挽いてしまっている)
密封容器に入れて(豆のままで)
保存方法
コーヒーミルを持っていない
コーヒーミルを持っている